東京サマーランド

サマーランドがゴールデンウィークにお得になる!優待情報をチェック!!

※このキャンペーンは既に終了しています。
2018年11月のサマーランドの割引情報はこちらからどうぞ→サマーランドが無料になる!2018年11月優待情報をチェック

こんばんは。佐藤遊子(@yuko_satoh0)です。

またまたサマーランドのお得情報を発見してしまったので、ご紹介します。

ゴールデンウィークってせっかくのお休なのに、宿や航空券も高いし、何をしようか迷ってしまいますよね。

そんなゴールデンウィークに、近場の東京サマーランドで楽しい時間を過ごしてみませんか?

ということで今回の記事では、ゴールデンウィーク、東京サマーランドをお得に利用するための方法について書いていくよー!

これまでご紹介した東京サマーランドの優待情報おさらい(4月中旬情報あり)

まずは、これまでにご紹介した優待情報のおさらいから。

東京サマーランドは12月~2月までは冬期休業中なのですが、3月の開業~春までは色々な優待サービスを行っています。

3月の市民デーは既に終わってしまいましたが、

4月21日(土)・22日(日)・23日(月)のyfcフェスティバルの優待はまだ間に合いますので、

詳しくは下記の記事を参考にしてみてくださいね♪

4月28日(土)~30日(月・祝)の東京サマーランド優待情報

4月28日(土)~30日(月・祝)はJAFの優待デーです。

利用方法はとても簡単。

対象日に窓口で会員証を提示するだけで5名まで優待価格で利用可能です。

優待価格は下記の通り。

券種入園フリーパス
おとな(中学生以上)500円1,700円
小学生500円1,300円
幼児・シニア500円1,300円

正直、ゴールデンウィーク真っただ中にこんな金額で丸一日遊園地を満喫できるなんて夢のようです(´艸`*)♡

おとな2名子ども2名分のフリーパスを購入しても6,000円!!

この金額でプールも入り放題、乗り物乗り放題ですよ!!

こんなにお得な方法、知らずに居たら損しちゃいます。

「JAF入会したかったんだけど、まだ入ってないんだよね~」

という方は、インターネット経由で入会すると、

入会翌日にはWEBで会員証を提示できるようになります。

ちょうど5月いっぱいまで、運が良ければGoogle Homeが当たるキャンペーンを行っているので、

入会するなら今がチャンスですよ♪


日本自動車連盟(JAF)

5月3日(木・祝)~5月6日(日)の東京サマーランド優待情報

5月3日(木・祝)~5月6日(日)はベネフィットの優待デーです。

「ベネフィットなんてうち、加入してないよ~」って方は、

デイリーPlusまたは駅探バリューDaysに加入することで、優待を受けることが可能です。

どちらも優待内容は同じですが、

デイリーPlusは新規登録から最大2カ月月額料金が無料、その後540円/1カ月(税込)に対し、

駅探バリューDaysのほうは月額324円/1カ月(税込)となっています。

初めて登録するならデイリーPlusがお得。

2回目以降の登録または、長く続けたい場合には駅探バリューDaysがお得ですね(#^^#)

気になる優待料金については、4月28日(土)~30日(月・祝)のJAFと全く同じ内容です。

JAFもベネフィットも両方使えるという方は、2週連続参戦できちゃいますね♪

【おまけ】この時期限定「ONE-PARK〜ふわふわアスレチック〜」開催

サマーランドでは毎年この時期「ONE-PARK」というアスレチックイベントを開催しています。

昨年までは、この時期営業していない屋外プールエリアを活用したイベントだったのですが、

今年は屋内のイベントに生まれ変わったようです。


出展:https://www.summerland.co.jp/newsline/detail.php?nid=191

イメージ画像を見る限り、思いっきり体を動かして遊べるアトラクションのようなので、楽しみです(´艸`*)♡

小学生以下限定のアトラクションなので、ご注意を。

東京サマーランドをゴールデンウィークお得に利用する方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

過去にも何度か紹介してきましたが、やはり、JAFとベネフィットの割引ですね!

ここだけの話、正直この割引額の味をしめてしまうと、定価ではなかなか行けなくなってしまいます(笑)

どちらも遊園地好きな方なら加入して損は無い程お得情報が盛りだくさんのサービスなので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

遊子も情報が入り次第このブログで発信していく予定です(‘◇’)ゞ

 

ちなみに混雑状況予想ですが、サマーランドの駐車場や入場ゲートは開園直前頃からかなり混雑し始めます。

混雑時は予定開園時間を早める場合もありますので、(ただし、開園時間まで入水不可)

可能であれば、なるべく早めに到着して、着替えや準備などをしながら待つことをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。