さがみ湖プレジャーフォレスト

マッスルモンスターで写真を撮りたい!!いっぱい撮る方法と裏技公開

こんにちは。佐藤遊子(@yuko_satoh0)です。

先日旦那と2人、さがみ湖プレジャーフォレストにあるマッスルモンスターへ行ってきました。

マッスルモンスターは2017年3月にオープンしたアスレチックですが、遊子は今回が初体験。

「初めてのマッスルモンスターだから、記念に写真をいっぱい撮りたい!!」ということで、写真撮影に挑戦しました。

参戦してみて分かった、たくさん撮るためのコツや注意点が色々とありました。

ということで今回は、マッスルモンスターで写真をいっぱい撮影する方法や裏技について書いていくよー!

マッスルモンスターにはカメラ・スマホ等の持ち込みは禁止

まず基本的に、マッスルモンスターのプレーヤーはアトラクション内に鞄やスマホ・カメラなど、一切の荷物を持ち込むことが出来ません。

落ちた時に下の人に当たってしまったりしては危ないので、当たり前といえば当たり前ですね。

荷物は全て、ロッカー(無料・鍵付き)に預けることになります。

ちなみに、ロッカールームは男女分かれているので、ここで着替えをすることも出来ますよ。

マッスルモンスターで撮影出来る「PaN」の利用方法と注意点

マッスルモンスターには、プレイする姿を撮影できる「PaN」というサービスがあります。

この撮影をする為には特別な申し込み等は必要ありません。

マッスルモンスター入場と同時にこのような紙が1グループ1枚渡されるので、これを撮影用端末にかざすことで撮影ができます。

カメラが設置されている場所は、

  1. V字ポール
  2. 自転車
  3. ボート
  4. 勇気の一本橋
  5. ビール祭り

の5カ所です。

マッスルモンスターのアクティビティは、初級・中級・上級とレベル分けされていますが、

撮影スポットのアクティビティは初級・中級のものばかりなので、恐怖心さえ克服できれば腕力などは特に無くても挑戦できるものばかりです。

撮影時は、端末にバーコードをかざすと5秒後にシャッターが押される仕組みになっています。

写真は全てフレーム付。

この「PaN」を上手く活用するために、いくつかの注意点に気付いたので、ご紹介しておきます。

ポケットのある服で参戦しましょう

撮影に必要なバーコード用紙には特にホルダーなどは無く、1枚紙で渡されます。

このサービスを利用する予定があるならポケットのある服を着るようにしましょう。

例えば↑こんな感じの格好で参戦してしまうと、「どこに持っていればいいの?」となってしまいます。

ぼっちではほぼ撮影不可

ビール祭り以外の4カ所は、端末から撮影スポットまでの距離があるので、ぼっちで撮影するのは厳しいです。

実際、遊子はボートの撮影機にバーコードをかざしてからシャッターが押されるまでにたどり着こうと試みましたが、

  1. かざす
  2. 用紙をポケットにしまう
  3. ロープを伝って渡る

という一連の動作を5秒以内ですることはとても難しく、挫折しました(笑)

旦那と2人の写真、撮りたかったんですけどね(;^_^A

どうしても撮りたい場合は、近くに居る人に協力してもらうしかなさそうです。

たくさん撮るには空いている時間を目指そう

「PaN」の撮影自体は、何枚でも無料で出来ます。

何枚撮影しても、購入義務はありませんし、2,000円支払えば全ての写真をデータでいただくことが可能です。

購入の予定があるなら、せっかくならたくさん撮りたいところですが、撮影可能なアクティビティはやはり人気があります。

ゆっくり何枚も撮影したいと思っていても、後ろに列が出来てしまっていたら申し訳なくなってしまいますね。

私が行ったのは平日の10:30頃だったのですが、その時間はとても空いていました。

平日は制限時間を設けていないこともあるらしく、その日もフリータイム制でした。

案内は30分おきに行っているのですが、12:00の回が入場する頃になるとアトラクション内がかなり混み合ってきました。

たくさん写真を撮りたいなら、できるだけ平日の朝イチ、

土日しか行けないという方も、なるべく早い時間に行かれることをお勧めします。

ちなみに、データサイズは2400×1800ピクセルでした。

このサイズがあれば2L版くらいまでのプリントに耐えられるようですね。

「PaN」を利用せずにマッスルモンスターで撮影する裏技

実は、他の方のブログや、Twitterなどを見ていると「PaN」の撮影スポット以外で撮られた写真が結構あるので、不思議に思っていたんです。

もちろん、テレビや雑誌関係の方なら取材申し込み等すればカメラの持ち込み等出来るようですが、

先ほども書いたように、一般の人はマッスルモンスター内にはカメラ・スマホを含む荷物の持ち込みは一切禁止されています。

なのに、SNSやなどには色々な角度で撮影された写真や動画などが掲載されているんです。

その疑問は、実際マッスルモンスターに行って解決しました。

実は、マッスルモンスターには展望台が併設されているんです。


出店:http://www.sagamiko-resort.jp/musclemonster/

この展望台から、マッスルモンスターでプレイしている人も良く見えるんですね。

当然、展望台にはカメラなどの荷物の持ち込みが可能。

マッスルモンスターをプレイしない人を1人連れて行けば、好きなアクティビティを好きなだけ撮影できるのです。
(場所によっては見えずらいアクティビティもあります。)

マッスルモンスターで写真をたくさん撮影する方法まとめ

マッスルモンスターで写真をたくさん撮影する方法や注意点、裏技について書きました。

たくさん写真を撮影する為に私が気付いた方法は

  • 2人以上で行く
  • 出来るだけ空いている曜日や時間に行く
  • PaNを利用するならポケット付きの服で参戦する
  • マッスルモンスターをプレイしない人が展望台から撮影することも可能

でした。

ただし、撮影に集中してしまうと、全部で92種類もあるアクティビティのうち、ほんの一部しか攻略できないなんてことにもなりかねません。

遊子も、この前は半分以上未挑戦のアクティビティを残してしまい、悔しい思いをしたので、次回はぜひ撮影抜きで楽しみたいなと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。